イメージ画像

タイでの生活面について(習慣)

タイで働く際にタイのことについてもっと深くしておきましょう。そんな方のためのタイの基礎知識濃縮ページです。

タイ人の習慣をしるにはタイの国が国王と宗教によって支えられているという背景を知る必要があるでしょう。

国王がいるタイ

タイの人々は国王と王室をとても尊敬しています。各個人の家やお店の中にはその時の国王の写真が飾られているほどなのです。これはタイの王室の歴史とその中での国民との関わりが大きいことが所以です。映画館などで開演前には国王の肖像画が映し出されたりします。タイには不敬罪があり王室批判をすると罰せられます。

仏教の国タイ

日本にも仏教が広まっていますが、タイの仏教は日本のものとは全然別です。仏教が生まれた源流を組む上座部仏教と呼ばれるものでインドから、スリランカ、ビルマ、タイと伝わって来ました。大乗仏教はインドから中国を経て日本にわたってきました。

上座部仏教はとても厳しい戒律をもち修行を重ねる事を理想としています。女性は僧侶に寄進することで徳を高め、来世の安寧をお祈りしています。タイの男性はほとんどが一度仏門に入り修行をする習慣があります。僧侶の1日は托鉢から始まります。托鉢は街の中を裸足であるき、人々から食呂や日用品をもらってまわります。人々は僧侶に寄進することで徳を高められるとされているのです。

僧侶は托鉢からかえり頂いた食料を調理して食事を摂るのです。

年上を敬う

仏教の教えによって僧侶が尊敬されるのは当然ですが、子供たちは小さい頃から年上を敬うように教えられていきます。タイの国民の多くは若い頃から両親への孝行を夢とする人が多く、朗らかな性格、ほほ笑みの国と言われるのはこういった背景があるからなのです。タイの挨拶は合掌しますが、これは自分より年上か僧侶に対して行うものです。子供に対して手は合わせません。これを「ワイ」と呼びます。

ワイは、手の指先が額にくるワイでは僧侶に対して行うものであり、指先が鼻先あたりだと目上の人、指先が顎のあたりだと同世代や年下に対するものになるのです。

このページの先頭へ