イメージ画像

タイでの生活面について(医療事情)

海外で特にタイで生活するときに気をつけたい事の1つが健康面についてでしょう。タイは日本とは気候が全く異なる暑い世界です。食生活も日本と異なり辛い食事が多く美味しいとはされていますが連日タイ料理では日本人の胃に合わない事もあります。水はそのまま飲めない国ですから飲食には気をつけないといけません。

バンコクには日本語が通じる病院がありますが、保険制度がどれぐらい完備されてるか不明です。高額な料金になると大変なのでタイで就職して長期ステイ、移住することになったとしたら海外旅行保険に日本にいるうちに加入しておくようにしましょう。もし既にタイに来てしまっていたらタイの日系の保険に入ればOKです。医療費は高くなるケースがあるので万が一のためにも入っておきましょう。

クレジットカードを持っている場合はクレジットカード付帯の保険も利用できる場合があるのでチェックされる事をおすすめします。クレジットカードを持っていない場合は今のうちに持っておきましょう。(おすすめはJCB-EITか楽天カードです。年会費無料で旅行保険がついてくるからです)

それから薬も持参しておく事をおすすめします。タイで手に入る医薬品は欧米製のものが多く日本人向けには作られていないので注意をして服用しましょう。

タイ在住期間のアパートやマンションを探すときに近くに日本語が通じる病院があるかどうかで選ぶのも大切な判断かと思います。タイの医療レベルは非常に高くなっているので安心してください。中には日本の医学部で勉強してタイで開業している先生もいます。

気をつけたい症状

日本人がまず気をつけたいのが食事からくる下痢や嘔吐、食中毒です。連日30度の猛暑なので食べ物も傷みやすく知らずに食べてしまうケースがあります。マラリアやテング熱も気をつけます。A型肝炎、B型肝炎も食事、水、性行為から感染します。予防注射が可能なものは事前に打っておきましょう。

いずれにせよ医療保険には入っておいたほうが良いですね。駐在員の場合は会社が任意で加入しているでしょうから不安はありません。現地採用の場合は会社に確認しておく事は必須事項です。仕事をするにしても健康なからだと精神がなくてはいけませんからね。

このページの先頭へ