イメージ画像

タイの会社と現地会社員との仕事について

タイで働こうと思った時に在タイ企業に就職する道があります。日本人の需要も一定数以上あり就職の可能性はあるわけですが、日本企業で働くのとはどういった違いがあるのでしょうか。

タイ国籍の企業といっても現地のタイ人が立ち上げた企業もあれば日系企業もあれば、日タイの合弁会社という事もありますが、タイの労働法、会社の営業法に従って運営されているわけです。

その場合は日本人的な思考や行動ではタイの会社で働くのは少し難しそうです。言語も違う(英語が通じにくい)、商習慣、思考、社内の仕事のやりかたも日本式とは異なります。現地採用の日本人は日本人的な仕事のやりかたを求められる一方で、タイの会社へも柔軟に対応する必要があるのです。

日本ではしっかり納期と期限を決めて仕事を遂行していくのを常識としていますが、必ずしもタイではそれは当てはまらない場合もあるのです。タイで就職したいと考える日本人も元々は日本企業で働いていたと想定しますから、これはなおさらその差異に驚かされる事もあるでしょう。

タイと日本の商習慣のいいとこ取りをして上手に調和させていくことが日本人には必須です。働きながらタイのことを学び、タイ人のことを理解していくことが必須です。逆にその習慣ができてしまえば、なんと居心地の良い環境かと思える人も多いと言います。それがために帰国せずに、現地の企業で働き、一生を過ごしたいと思う人もいるのでしょう。

このページの先頭へ