イメージ画像

タイ就職のための就職試験と面接対策

タイで働きたい場合、現地採用のケースと駐在員のケースとあります。日本人がタイで転職する場合はこの2つのケースについて見て行く必要があります。

現地採用はタイに国籍のあるタイ企業ないしは日タイ合弁会社に現地で採用される事ですから就職試験や面接もその企業に準じるやり取りとなります。

一方で駐在員を目指す場合は日本国内でタイに進出している企業、これから進出したくて適切な求人を募集している企業に転職することから始まります。勿論試験や面接は国内ですし採用も狭き門である可能性が高いわけでたくさんの求人に応募して攻略していく必要があるでしょう。

駐在員を目指す場合はTOPページでも記載のとおりリクルート社のリクルートエージェントに登録して求人情報を引っ張ったり支援を受けながら活動されればOKです。企業ごとの試験や面接の攻略アドバイスをもらいながら進める事ができるからです。

現地採用の場合は面接に重点を置いて活動するのが普通です。タイ人が就職するときは非常に詳細に書いた履歴書を持参するのが一般的になっています。とにかくこれまでのキャリア、何か一つでも救い上げてもらえそうなものなら漏らさず記入しておくぐらい自分をアピールしましょう。タイという国のキャリアに対する考え方は欧米よりなので、日本企業のように何度も転職していることは悪い事とみなされません。欧米スタイルに則りキャリアが豊富であればそれを示すチャンスと言えます。だし現地採用でも日系よりの企業であるとか採用担当が日本人の場合があります。その場合はやはり日本的な考え方を基準にする傾向があるので、転職回数が多い場合などは履歴書もカスタマイズしたほうが良いでしょう。

面接時には自己アピールも大切ですが、就労条件や職域、待遇面での確認も忘れずにしておいてください。この点、リクルートエージェントを活用すれば社員が変わりに条件調整を行なってくれるので安心です。

このページの先頭へ